本文へジャンプ
活動アルバム
【2010森で楽しもう@ 5/15】
平成22年51月15日、今年度最初の講座「森で楽しもう@」が開催されました。
 
初めての参加者が多かった15日の春のシオジの森を歩こう」は、少々肌寒い散策となりましたが、ニリンソウの群生も見られ、シオジの実生にもふれられ、収穫の多い一日となりました。

 さて,イチリンソウとニリンソウの見分け方ですが、初めての方にもわかりやすいポイントがみっつあります。 @ニリンソウは、花がふたつ イチリンソウはひとつ Aニリンソウは、葉身が根元からひとところから数本でるが、イチリンソウは一本しかでない Bニリンソウは、花茎から花をつけるが、イチリンソウは葉の先につけます もちろん葉の形も違いますが、この三点に注意すると、容易に区別できるでしょう。試してみてください。

 

 さて、閉講式で質問のあった黒い丸い物体、いろいろ考えてみたところ、ペリットではないかと思われます。ペリットは、ワシやタカ、フクロウなど猛禽類の動物は、ネズミなどの小動物を丸のみにしてしまうので、骨や毛など消化できない物が、塊となって吐き出されるそうです。そんな訳で、多くの皆さんが見た糞に似た物体は、ペリットではなかったかと思われます。

 今度見つけたらぜひ知らせてください。

 

 それでは、次回の散策を楽しみに。 次回のもっとも大きな楽しみは、シオジの種を集めることです。去年はほとんど実がつきませんでした。今年はどうでしょうね。生原先生のお話では隔年にアタリ(豊作)なんだそうです。